グッドスリープクリニックは、睡眠時呼吸障害のためのクリニックです。 東京都港区芝大門 浜松町 大門 大森

スタッフ便り

2010年5月20日

良い睡眠のすすめ~就寝編~

ぐっすり眠ってすっきり目覚める、そんな朝で始まる1日は気持ちのいいものです。
そこで毎日のよりよい睡眠に役立つよう、睡眠環境の整え方をまとめてみました。

suimin[1].jpg①睡眠時間
推奨される睡眠時間は6.5~7.5時間ですが・・・
必要な睡眠時間の長い人、短い人、時間は人により様々です。季節、年齢によっても変化します。歳をとると必要な睡眠時間が短くなりますが、日中の眠気で困らなければ十分です。

②昼寝の時間
遅い時刻や長時間の昼寝は生活リズムが崩れ、夜に寝にくくなります。昼寝は15分程度が目安です。

③お風呂に入る
体温が上がり、体温が下がる時に眠気を催します。高い温度での入浴は温度が下がりにくいため、ぬるめ温度のお湯で長風呂するのがオススメです。

④カフェイン、タバコの摂取
コーヒー、紅茶、緑茶などの刺激飲料やタバコは、少量でも入眠を妨げることがあります。就寝する4時間前を目安にしましょう。

⑤アルコールの摂取
睡眠薬代わりの寝酒は不眠の元です。
適量のアルコールは、寝つきをよくしてくれます。しかし、深い睡眠が減ったり、トイレのために目覚めやすくなるため結果として睡眠の質が悪くなってしまいます。

suimin[2].jpg⑥自分にあったリラックス法を見つける
仕事や勉強などに対してスイッチが入って緊張している自分の体をオフの状態に切り替えるためにリラックスしましょう。
音楽、ストレッチ、アロマテラピー、読書など自分にあった方法を活用してください。

⑦ベッドに行く前に
眠ろうと無理に意気込むと、逆に眠れなくなることがあります。そんなときは、一度、布団から出て、眠たくなったらまた寝床に入りましょう。

 

 【厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費 睡眠障害の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班、 平成13年度研究報告書】より引用(一部編集)

 

≫投稿者: 検査技師

ページトップへ△
トップページへ
ブログのトップへ
最近のエントリー
≫ 良い睡眠のすすめ~就寝編~
アーカイブ
≫ 2010年5月
カテゴリ
≫
≫ 医師からのお便り
≫ 看護師からのお便り
≫ 検査技師からのお便り
≫ 総務からのお便り
≫ 受付からのお便り

HOME |
最新情報
▼お知らせ | スタッフ便り | 講演・イベント | 取材リスト |
グッドスリープクリニック浜松町のご案内

 |
ご予約・お問い合わせ

▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(浜松町) | English(Hamamatsucho) |
グッドスリープ・大森クリニックのご案内
▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(大森) | English(Omori) |
睡眠障害と診断~治療のご案内
▼SASとは | OSASとは | 影響と取組の例 | 治療について | 診断~治療の流れ | 入院検査の流れ |

モバイルでもアクセス

その他
▼Q&A | 携帯サイト | 睡眠障害情報リンク | スタッフ募集 |
▼個人情報保護方針 | サイトマップ |