グッドスリープクリニックは、睡眠時呼吸障害のためのクリニックです。 東京都港区芝大門 浜松町 大門 大森

スタッフ便り

2009年5月 8日

いびきのおはなし

前回に続き鼻に関するお話をしたいと思います。
普段なんとなく使っている"いびき"という漢字を書いてみてください。

正解は... 【鼾】 です。

よく見てください。この漢字の部首のはなへんは、日本で使われている'鼻'ではありません。

中国の漢字辞典、康煕字典(こうきじてん)を始め、日本以外の地域では『鼻』の最下部は横画の下に払いと縦画がついた形で、横画を突き抜けてはいません。これは鼻の象形である「自」と声符の「畀」から構成される形声文字です。

鼻という文字単独の場合、日本の新字体においては払いと縦画が横画を貫く形を採用しているようです。しかし、表外漢字である鼾などは康熙字典に従っています。

ibiki1.jpgいびきは平安時代の漢和辞書「新撰字鏡」に見られる古い言葉で、その語源は「息吹(いぶき)」という語の息を「い」と読むことから「息引き」「息響き」からとする説が最も多いようです。
『寝も寝ずに(いもねずに)』と「寝」の字を「い」と読む例が万葉集にあるため、「寝響(いひびき)」がいびきに転じたとも考えられています。

鼾の漢字の意味は"鼻から出る大きな音"の事と言われ、中国では「干声(かんせい)」の語があり「大きな音」という意味であるといわれています。

では、なぜいびきをかくのでしょうか?

眠っている時の気道は咽喉の筋肉と舌と軟口蓋(口腔の後ろの部分)の筋肉によって開かれています。これらの筋肉が弱まると気道が狭くなり息を吸い込むたびに振動が起こっていびきをかきます。
いびきの要因はたくさんあり、老化(年をとると口腔と咽喉の筋肉が弱くなる)、肥満、喫煙、アルコールの大量摂取、そして、あお向けに寝ることなどが原因と言われています。

いびきの要因について何か思い当たる点がある方はこれらを見直してみてはいかがでしょうか。

≫投稿者: 検査技師

ページトップへ△
トップページへ
ブログのトップへ
最近のエントリー
≫ いびきのおはなし
アーカイブ
≫ 2009年5月
カテゴリ
≫
≫ 医師からのお便り
≫ 看護師からのお便り
≫ 検査技師からのお便り
≫ 総務からのお便り
≫ 受付からのお便り

HOME |
最新情報
▼お知らせ | スタッフ便り | 講演・イベント | 取材リスト |
グッドスリープクリニック浜松町のご案内

 |
ご予約・お問い合わせ

▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(浜松町) | English(Hamamatsucho) |
グッドスリープ・大森クリニックのご案内
▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(大森) | English(Omori) |
睡眠障害と診断~治療のご案内
▼SASとは | OSASとは | 影響と取組の例 | 治療について | 診断~治療の流れ | 入院検査の流れ |

モバイルでもアクセス

その他
▼Q&A | 携帯サイト | 睡眠障害情報リンク | スタッフ募集 |
▼個人情報保護方針 | サイトマップ |