グッドスリープクリニックは、睡眠時呼吸障害のためのクリニックです。 東京都港区芝大門 浜松町 大門 大森

スタッフ便り

2009年3月13日

鼻呼吸について

今年も花粉症シーズンがピークを迎えています。CPAP治療をされている患者様で、花粉症をお持ちの方にはつらい季節です。

pe07297_.JPG

しかし、当院では花粉症の患者様へもCPAP治療を継続出来るように、対応いたしておりますので、受診の際はご相談下さい。

花粉症のみならず、鼻が詰まりぎみで鼻から息が出来ない、といった症状は日常よく起こる症状の一つですが、軽い鼻詰まりでも患者様によってはつらいと感じられ、日常生活に影響が出る場合もあり、鼻詰まりが生活の質(QOL:Quality Of Life)に大きく影響します。

さて、人間はなぜ鼻で呼吸をするのでしょう?

鼻呼吸には3つの働きがあります。

①吸い込む空気の温度を上げ、冷たい空気が肺に入らないようにする(加温)
②吸い込む空気の湿度を上げる(加湿)
③吸い込む空気のゴミを除去する(フィルター作用)

口呼吸には鼻呼吸の様な加温、加湿、フィルター作用はありません。

口呼吸は、鼻呼吸と比べて明らかに空気抵抗が少ないことは、ご自身で意識して呼吸してみると解ると思います。空気抵抗が少ないと言うことは、呼吸は楽になりますが、口から吸い込まれた空気は、喉に届くまで体温近くまで加温されず、また加湿も充分ではありません。

hanazumari.jpgつまり人間は鼻呼吸特有の加温及び加湿作用により、地球上のあらゆる環境において肺の生理的な環境を維持し、生活することが出来るのです。

自覚的な鼻炎症状が無くとも起床時、口がカラカラに渇いてしまう症状は有りませんか?そのような方は、寝ている時に鼻が詰まり、口呼吸をしている可能性があります。

当院では鼻の状態を客観的に評価する、鼻腔通気度検査を導入しております。
検査は簡単であり5分程度で行えます。


CPAPは鼻を介して行う治療ですので、鼻や喉のトラブルでCPAP治療が困難な患者様は是非ご相談下さい。

 

 

 

≫投稿者: 検査技師

ページトップへ△
トップページへ
ブログのトップへ
最近のエントリー
≫ 鼻呼吸について
アーカイブ
≫ 2009年3月
カテゴリ
≫
≫ 医師からのお便り
≫ 看護師からのお便り
≫ 検査技師からのお便り
≫ 総務からのお便り
≫ 受付からのお便り

HOME |
最新情報
▼お知らせ | スタッフ便り | 講演・イベント | 取材リスト |
グッドスリープクリニック浜松町のご案内

 |
ご予約・お問い合わせ

▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(浜松町) | English(Hamamatsucho) |
グッドスリープ・大森クリニックのご案内
▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(大森) | English(Omori) |
睡眠障害と診断~治療のご案内
▼SASとは | OSASとは | 影響と取組の例 | 治療について | 診断~治療の流れ | 入院検査の流れ |

モバイルでもアクセス

その他
▼Q&A | 携帯サイト | 睡眠障害情報リンク | スタッフ募集 |
▼個人情報保護方針 | サイトマップ |