グッドスリープクリニックは、睡眠時呼吸障害のためのクリニックです。 東京都港区芝大門 浜松町 大門 大森

スタッフ便り

2009年9月 3日

サイレントキラー「高血圧」

 今回は血圧についてのお話です。

 高血圧の患者さんは普段、自覚症状がありません。しかし高血圧の状態を放っておくと、動脈硬化を引き起こし、恐ろしい合併症を引き起こします。

ではどのよう合併症が引き起こされるのでしょうか??

高血圧の状態が続くと、心臓は過重労働に対応しようと心筋をふやし、大きくなります。また血管は、高い圧に負けまいとして壁を厚くします。高い圧力によって血液の成分が動脈の内壁に入りこみ、それにコレステロールが加わるなどして動脈硬化を起こしてきます。そして脳卒中や心筋梗塞・心不全・腎不全などが引き起こされてきます。
 
高血圧と診断された治療を受けている方は、血圧が24時間にわたりコントロール出来ているか、家庭での血圧測定が重要となります。

「白衣性高血圧」「仮面性高血圧」を知っていますか?

♦「仮面性高血圧」は診察室の血圧が正常でも家庭血圧が高く測定され、家庭で血圧を測定していなければ見逃されてしまいます。 

♦「白衣性高血圧」は家庭での血圧が正常でも、診察室では緊張などで高く測定され、 診察室でしか血圧を測定していないとお薬の量が増えてしまうこととなります。

  

 
家庭血圧を測定しましょう!ketsuatsu.jpg

       
1.  座って、測定する腕と心臓は同じ高さにして測りましょう。


2.  なるべく毎日同じ時間に測りましょう。

  ・排尿(排便)後に
  ・食前、服薬前に

 同じ時間に測ることが出来なくても必ず測定時間を記録しましょう。
 

3.  寒すぎず、暑すぎない適当な室温(20~25℃位)
の部屋でリラックスした状態のなかで測りましょう。

  

 

次回は副作用についてです!

≫投稿者: 看護師

ページトップへ△
トップページへ
ブログのトップへ
最近のエントリー
≫ サイレントキラー「高血圧」
アーカイブ
≫ 2009年9月
カテゴリ
≫
≫ 医師からのお便り
≫ 看護師からのお便り
≫ 検査技師からのお便り
≫ 総務からのお便り
≫ 受付からのお便り

HOME |
最新情報
▼お知らせ | スタッフ便り | 講演・イベント | 取材リスト |
グッドスリープクリニック浜松町のご案内

 |
ご予約・お問い合わせ

▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(浜松町) | English(Hamamatsucho) |
グッドスリープ・大森クリニックのご案内
▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(大森) | English(Omori) |
睡眠障害と診断~治療のご案内
▼SASとは | OSASとは | 影響と取組の例 | 治療について | 診断~治療の流れ | 入院検査の流れ |

モバイルでもアクセス

その他
▼Q&A | 携帯サイト | 睡眠障害情報リンク | スタッフ募集 |
▼個人情報保護方針 | サイトマップ |