グッドスリープクリニックは、睡眠時呼吸障害のためのクリニックです。 東京都港区芝大門 浜松町 大門 大森

スタッフ便り

2008年11月14日

インフルエンザの予防には...

最近めっきり寒くなり、咳き込んだりマスクを着用している人を見かけるようになりました。

インフルエンザ対策は始めていますか?
flu1.jpg

インフルエンザと風邪とは、原因となるウィルスの種類が異なり、風邪はのどや鼻に症状が現れるのに対し、インフルエンザは急に38~40度の高熱が出るのが特徴です。

さらに、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状も強く、これらの激しい症状は通常5日ほど続きます。

また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすこともあり、体力のない高齢者や乳幼児などは命に関わることもあります。

 

また、インフルエンザは流行性疾患であり、国民の健康に大きな影響を与える恐れがある感染症の一つとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められ、指定された医療機関ではインフルエンザ発症報告の義務さえあります。

 

 

インフルエンザは流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が広がります。

インフルエンザウイルスは患者のくしゃみや咳、痰などではき出される微粒子(飛沫)を介して感染する「飛沫感染」が中心です。

 

 

予防法は・・・

 

j0182792.jpg

インフルエンザの予防には、インフルエンザワクチンによる予防接種が有効です。

予防接種はインフルエンザを防ぐだけでなく、かかってしまったときの症状を軽く済ませることができます。

ワクチン接種による効果が出るまでに2週間程度を要しますので、流行する前までには済ませておきたいものです。

ただし、アレルギーや持病などで接種できない場合もありますので、確認が必要です。

 

帰宅時に手洗い、うがいを行うことで、咽頭粘膜や手指など、身体に付着したインフルエンザウイルスを除去できます。流行時はできるだけ人混みを避け、外出時にはマスクを着用しましょう。

 

 

j0408908.jpg
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。
さらにインフルエンザウイルスは乾燥に強いので、加湿器を使用し、お部屋の湿度を適度に保つことも大切です。
抵抗力を高めるために、十分な休養と栄養を、日頃から心がけて下さい。

 

インフルエンザの症状が出たら、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

発症から48時間以内であれば、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬が有効です。(ただし10代は除きます)早ければ早いほど効果的です。

 

また、空気中に飛散するのを防ぐために、呼吸器系分泌物(鼻汁、痰など)を含んだティッシュはすぐに「蓋付きの」ゴミ箱に捨てるようにご注意下さい。

 

インフルエンザにかかってしまうと、体調ばかりでなく、大流行すると社会的・経済的損失も見過ごせません。ぜひ一人一人が気をつけて、健康的に冬を乗り越えていきましょう!

 

 

≫投稿者: 看護師

2008年11月 4日

肥満のお話 --- その1---

今年4月からメタボリック検診も始まり、食事・生活習慣の見直しに伴って、肥満傾向に悩む方が増えています。特に最近は肥満の低年齢化が進んでいて、私が子供だった頃(30年以上前ですが)の4倍と言われ、小学生ですでに高脂血症または脂肪肝と診断される生徒は、各小学校で30人はいるという深刻な事態になっているようです。

scale.jpgでは、そもそも肥満が体にどういう悪影響を与えるかというと、最近の研究によって、脂肪細胞自体がいろいろ体に悪い物質を分泌していることが解ってきました。
血圧を上げる物質を分泌し、高血圧を引き起こします。インスリンの働きを阻害する物質を出し、糖尿病を引き起こします。血栓といって、血の塊を作りやすくする物質を分泌して脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。

その他、まだ多くの不都合な物質が脂肪細胞から分泌されるため、脂肪の多い方、つまり肥満の方はこうした病気のリスクが高くなってしまうわけです。ご存じの睡眠時無呼吸症候群や膵炎、各種ガンにもかかりやすいというデータもあります。

 

肥満の分類法、目安の一つとして、BMI――Body Mass Index(直訳:体質量指数)があります。これは肥満判定の国際規格です。

 体重÷身長÷身長で表されます。身長165㎝、体重75㎏の人でやってみましょう。
例 75÷1.65÷1.65=27.5

では次に、この人は何㎏が理想なのかというと、次の式が当てはまります。

BMI.jpg

 

 

 

 1999年に日本肥満学会が発表した「東京宣言」では、適正値は22、25~29は肥満度Ⅰ、30~34は肥満度Ⅱ、35以上は肥満度Ⅲ、となっています。

 さて、ここで一つ問題があります。このBMI方式は、体重と身長の割合ですので、正確に言えば適正体重か、あるいは過体重か、とうことしかわかりません。

マッチョな筋肉質の男性でも、か弱い女性でも、もし同じ身長なら同じ体重がベスト体重であるということになってしまいます。そこで、体脂肪率という考え方が出てくるわけです。

相撲などのスポーツ選手では体重がたいへん多く、一見太っているように見えますが、多くの場合、体脂肪率は20%前後と低いのです。見た目は脂肪のようですが、実は筋肉が多いのです。こうした過体重は肥満とはいいません。これは筋肉過形成といい、体重は多くても問題はありません。

逆に、適正体重でも、体脂肪率が高いという方もいます。これがいわゆるかくれ肥満と呼ばれているもので、体重はともかく、体脂肪を落とさないと生活習慣病予備軍です。

 

このように、肥満というのは、体重のみでなく、体内に脂肪が過剰に蓄積した状態を指すのです。

calculator.jpg
体脂肪とは人の体についている脂肪の総称で、皮下脂肪と内臓脂肪と血中脂質の三つがあります。中性脂肪(TG)、コレステロール(cho)、リン(P)といったものが血中脂質で、この数値が高ければ高脂血症です。

皮下脂肪は皮膚と筋肉の間に挟まっている脂肪で、一度ついたらなかなか取れにくく、脂肪の代謝は不活発であるという特徴があります。貯金に例えると定期預金です。女性ホルモンはこの皮下脂肪を溜める働きがありますので、皮下脂肪型肥満は女性に多いのです。

それに対し、内臓脂肪とは、内臓の中の肝臓や腸などについた脂肪組織ですが、働きが活発で、溜めやすい代わりに取れやすい脂肪です。貯金に例えれば出し入れ簡単な普通預金です。男性ホルモンは筋肉を増加させる働きがあって、体を動かす筋肉のエネルギーとして、取り出しにくい皮下脂肪よりも、まずは取り出しやすい内臓脂肪を使います。ですから、筋肉の量が女性よりも多い男性は、女性よりも内臓に脂肪を溜めやすいものの、運動によって脂肪を減らすことが充分可能です。

以下に年齢別に体脂肪率を表にしました。

   性別と年齢   適正範囲     肥 満
  男性(30歳未満)   14~20%    25%以上
  男性(30歳以上)   17~23%
  女性(30歳未満)   17~24%    30%以上
  女性(30歳以上)   20~27%
 

 次号に続きます。

 

fundamental.jpg

≫投稿者: 看護師

ページトップへ△
トップページへ
ブログのトップへ
最近のエントリー
≫ インフルエンザの予防には...
≫ 肥満のお話 --- その1---
アーカイブ
≫ 2008年11月
カテゴリ
≫
≫ 医師からのお便り
≫ 看護師からのお便り
≫ 検査技師からのお便り
≫ 総務からのお便り
≫ 受付からのお便り

HOME |
最新情報
▼お知らせ | スタッフ便り | 講演・イベント | 取材リスト |
グッドスリープクリニック浜松町のご案内

 |
ご予約・お問い合わせ

▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(浜松町) | English(Hamamatsucho) |
グッドスリープ・大森クリニックのご案内
▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(大森) | English(Omori) |
睡眠障害と診断~治療のご案内
▼SASとは | OSASとは | 影響と取組の例 | 治療について | 診断~治療の流れ | 入院検査の流れ |

モバイルでもアクセス

その他
▼Q&A | 携帯サイト | 睡眠障害情報リンク | スタッフ募集 |
▼個人情報保護方針 | サイトマップ |