グッドスリープクリニックは、睡眠時呼吸障害のためのクリニックです。 東京都港区芝大門 浜松町 大門 大森

スタッフ便り

2011年11月17日

【睡眠学会に参加してきました】

10月15日から京都国際会館で開催された第36回「日本睡眠学会学術集会」に参加してきました。

睡眠学会画像1[1].JPG

世界34カ国の研究者が集まるWorldSleep2011も同時開催され、会場には世界中から多くの人が集まりました。参加者は2500人以上だったそうです。

 

睡眠学会画像2[1].JPG当院の看護部・臨床検査部から以下の題目でポスター発表をしました。
「睡眠医療専門機関における禁煙外来の取り組みと成功率の検討」
「当院でのタイトレーションPSGの現状」


今回の学会では「災害における睡眠問題」や「サマータイムを考える」など、今日本が抱えている問題についての発表もあり、とても興味深いものでした。

ここで、今回のシンポジウムで発表された「健康睡眠を得るための寝具環境創り」についてお伝えしたいと思います。

 

健康な睡眠を得るためには寝具環境を整えることは重要な要素であり、寝具は睡眠の質を左右します。
 歩くときの道具を靴だとすると、寝るときの道具は敷寝具です。
 靴が合っていないと疲れ・違和感が起こります。敷寝具もそれと同様で健康に直結した生活用品だと言えます。
 人の立位姿勢は側面から見ると背骨がS字曲線を描いています。最も自然に近い寝姿勢は立位の姿勢のまま仰向けにして、S字曲線を保ったままの状態だと考えられています。
 そのため、敷寝具の構造は体全体を支えるためベース層は沈みこみを防ぐ硬さが必要になります。
 一方、体に接する表面は体の凹凸になじむ柔らかく弾力性のあるものを選ぶと、適正な寝姿勢が保て、寝返りも打ちやすくなります。
 敷寝具と枕の組み合わせも重要です。
 ・柔らかすぎる敷寝具の場合・・・枕が高く感じられる
     ⇒背骨が不自然なW字ラインになり、腰に負担がかかります。
・固すぎる敷寝具の場合・・・枕が低く感じられる
     ⇒体重が一部分にかかり、血流が妨げられる場合があります。

今後、寝具を選ぶ機会に参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

睡眠学会画像3[1].JPG
 

≫投稿者: 検査技師

2011年9月29日

【食欲の秋にこそ腹八分目?】

お彼岸を過ぎて東京にもすっかり涼しい風が流れ込むようになり、
街角には夏の終焉と入れ替わるかのような形で
様々な"秋の気配"が漂いはじめています。

東京にも本格的な秋の訪れですね。
いわし雲に、アキアカネに、コスモスに、ススキに、スズカケ並木...
何気ない風景にもちょっと足を止めて目を遣れば、
秋の風物詩たちが着々と市井の秋化粧に支度を進めている。
そんな季節の移ろいが感じられる今日この頃。

ichou.jpgスポーツ、読書、芸術など、
どんな嗜み事にも没頭しやすい過ごしやすくなったさわやかな気候下。
でもやっぱり、秋と言えば収穫シーズン。
つまり食欲の秋を語らずして秋を語るなかれ、 という食通の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 1年で最も食べ物が美味しい季節。
また暑い夏が終わり、これからの寒い季節を迎えるにあたり、動物は体温を維持するためにより多くのエネルギーを必要として食欲が増進されるだけあって、 秋刀魚、松茸、さつまいも、栗、梨、柿など枚挙に暇がない秋の味覚たち に目移りする季節でもあります。

さて、 ここで取り上げたい秋の味覚。


それは、来週あたりから色づきはじめる銀杏の実(種)、ぎんなんです。
独特の"クセ"があるために、 お酒を嗜まれない方などにはあまり好まれない食材としても有名ですが、 一度ハマるとその甘みを帯びたクサみ、 そして何とも言えないもっちりとした歯ごたえに 病み付きになってしまった方も多くいらっしゃるかと思います。

殻のまま炒るのも勿論美味しいのですが、 素材の風味を生かすには殻を剥いてから、サッと炒めて熱々のうちに塩を付けていただくのが、本当の"ぎんなん通"の食し方なんだとか。

chawanmushi.jpg

かくゆう私は、茶碗蒸しにそれとなく添えられた ぎんなんの"つつましくもクセのある"美味しさに心を奪われたクチ。

 ちなみにこのぎんなんは、ビタミンB、ビタミンC、βカロチン、レシチン、カリウムが豊富で、 古くから漢方では滋養強壮に加え、咳止め、コレステロール分解(脂肪肝予防)、 さらには膀胱の働きをコントロールする括約筋の強化など、 小粒ながらも万能な食用実として重宝されてきたそうです。

ただし、 薬膳効果にも期待があり、 ましてや晩酌のお供にも打ってつけのぎんなんにも、 大きな問題点があるのです。

 

そうです。ぎんなん通の方はすでによくご存知のことかと思いますが、ぎんなんを食する際のいちばんのご法度は「食べすぎ」。
要するに、大量摂取による中毒症状を引き起こす危険性があるということなのです。

 小さくてプリッとしている、あんなにかわいらしいルックスをしていながら、 ビタミンB6の体への作用を妨げるという中毒物質、青酸配糖体のアミグダリンが ぎんなんには多量に含まれているのです。

ginnan.jpg大人には肝臓にそれを解毒するために必要な酵素があるのですが、 小さなお子さん(10歳以下)、あるいはお年寄りには当然ながら十分なそれがありません。
ぎんなんの大量摂取により鼻血が止まらなくなった、 さらにはひきつけや呼吸困難を起こしたという症例は世界各地で今も昔も後を絶ちません。

大人でさえもいちどに10粒を超える摂取量は危険だと言われている、ぎんなん。

シャレではすまされない本当の"中毒性"を持つ秋の味覚ではありますが、 摂取量さえ間違わなければやっぱりそこに美味しさの本質はあるわけなのですから。


食べ物にしろお酒にしろ、食欲はいつも適量に抑えるのがベスト。

名医こそ言います。

「何でも腹八分目、いや半分ぐらいがちょうどいいんだよ」と。

 

≫投稿者: 受付

2011年7月25日

【今年は熱帯夜が続きますね!】

熱帯夜には、安眠が損なわれることが知られています。
今回は、肥満や、糖尿病にも悪影響を及ぼす不眠症について取り上げてみます。

MP900407013.JPGのサムネール画像大事なイベントや、プレゼンの前日は、どうも眠れなくなったり、3月の大地震で眠れなくなった方、一方で、確たる心あたりがなくても十分に睡眠がとれなくなる方もいます。

不眠からくる日中の眠気で仕事に支障を来したり、イライラする気分が落ち込むといった不都合が生じているのならば、かかりつけの先生や、産業医の先生、もちろん睡眠の専門外来などで相談してみてもよいでしょう。

メタボ気味の人では、眠っている時に舌根などが気道をふさぎ呼吸がとまる睡眠時無呼吸う症候群がひそんでいるかもしれません。この場合は、いびきがサインとなります。

また、中高年女性で、甲状腺機能の異常で眠れない方もいて、こちらは血液検査で見分けがつきます。さらには、うつ病、脳梗塞、脳腫瘍で眠りが妨げられていることもあります。

こういった体や心に重大な原因がないかをきちんと鑑別し、最後に残るのが、理由のない不眠症です。

不眠症は、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4つに大別されます。それぞれ適切な薬で、睡眠リズムを取り戻せる可能性があります。最近は、依存性が少なく、使いやすい薬もふえています。

不眠への囚われをなくすことで寝付きやすくなることもあります。今まで、順調に眠れていた方が、一度不眠に陥ると「このまま眠れなくなる」「うつ病になってしまうかも」と考えるあまり、「眠ろう」とばかり考えてしまい、緊張してかえって眠れなくなります。

MP900227732.JPG新聞配達のバイクの音が聞こえて、空が白み始めた頃、眠る事をあきらめたとたん眠りに落ちるのは、緊張から解放されたからです。

たとえ、不十分な眠りであったとしても、睡眠がとれていれば日中睡魔に襲われるかもしれませんが、不眠だけ命を落とすことはありません。

幼い頃は、昼寝が必要だったのに、大人になると夜眠るだけで大丈夫になり、さらに高齢になると睡眠時間は自然に短くなります。若い頃より早起きになっても、何ら困らなければ自然の成り行きです。

平日の睡眠時間を、週末に補うというのも悪くないが、寝過ぎるとその夜の眠りが妨げられます。

また、飲酒は眠る目的ではあまり勧められません。楽しく、ストレスを発散する手段としては最高ですが、実はお酒の力でとりあえず眠れても、数時間で逆に脳が興奮して目が覚めてしまいます。

今年も、熱帯夜まだまだ続きそうですが、適度にストレスを発散しながら乗り切りましょう。



≫投稿者: 医師

2011年2月11日

【今年もよろしくお願いします】

2011年も、はや一ヶ月が過ぎてしまいました。 寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

少し古い話題ですが、皆さんは正月関連の風習を、今年はどの程度なさいましたか? 正月飾りや、餅つき、初日の出、初詣、たこ揚げ、羽根つき、七草粥、鏡開き。

自分が子供の頃には(埼玉の山の方の話です。)、榊を山に採りに行き、杵と臼で餅をつき、 春の七草も近くの田んぼでとって来たりと殆どを自前でやっていたのが、 今では実家でも「面倒」という理由で簡略化もしくは廃止です。 都区内ではたこ揚げを出来るようなところはほとんどないし、正月飾りを飾った車も今では皆無に等しい気がします。

この七草粥ですが、不思議なことに我が家では七草どころか「なずな」と「せり」だけの 二草粥でした。蕪や大根はスーパーでも手に入るし、はこべ、母子草もそこら辺に 生えていたはず。なのになぜか二草のみ。気になって母親に確認したところ 「なんでだろうね。親がそうやってたからかな?はこべと母子草は生で食べても 甘くないからかなあ。」との返事で真相はわからずじまいでした。

自分も「二草である」ことは認識していましたが、それが変だとは今の今まで考えた事がなかったので、文化や風習というのはこんな風に親から子へ適当な感じで伝承されていくんでしょうか?


さて、この春の七草の中に「仏の座」というのがありますが、現在「仏の座」と呼ばれているものとは 違う植物をさすんですね。今はシソ科の別名「三界草」と呼ばれるものを「仏の座」と呼びますが、 春の七草の「仏の座」は、現在で言うキク科の「コオニタビラコ」のことらしいです。

なんだかやっかいですね。

koonitabirako.gif
このコオニタビラコ。漢字で書くと「小鬼田平子」。
この名前の由来は、別の種類の植物「鬼田平子」に似ていてそれよりも小さいから。 では「鬼田平子」の名前の由来はというと「田平子」に似ていてそれよりも大きいから。 そして「田平子」と「小鬼田平子」はまったく同じ植物を指します。

つまり
「田平子」が元々あって、それより大きいものに「鬼田平子」と名づけ、 いつの間にか「鬼田平子」より小さい「田平子」のことを「小鬼田平子」と呼ぶようになったそうです。

裏の裏が表に行かなかったような、ややこしい話です。


これに似たものがもう一つあるのですが、現在放送中の某携帯電話会社のテレビCMで トゲナシトゲトゲという昆虫の名前が出てくるのをご存知でしょうか?

トゲトゲ(トゲハムシ)という昆虫がいて、その仲間にトゲのない種類がいたので それをトゲナシトゲトゲ(トゲナシトゲハムシ)と名づけたようです。 なんとも矛盾した名前ですね。
そして、これにもさらにトゲアリトゲナシトゲトゲ (トゲアリトゲナシトゲハムシ)という、見た目をそのまま表したネーミングでわかりやすそうなのに、すぐには理解しがたい名前の種類が存在するという話があるそうですが、 こちらは正式な報告はなく、架空の存在のようです。

ここまでくるとトゲアリトゲナシトゲトゲもぜひ存在してほしいものです。

というわけで今回はややこしい話でした。

以上は殆どがインターネットから得た二次情報なので信憑性の程は定かではありません。

 m(_ _)m

≫投稿者: 検査技師

2010年12月22日

【もういくつ寝るとお正月~♪】

もういくつ寝るとお正月~♪ですが、初詣にはゆかれますか。

torii.jpg

参拝に行く先は神社、お寺、御来光など様々だと思いますが、それぞれを参拝する時にマナーがあるのをご存知でしょうか。
ひとつ、神社を参拝するときのマナーをお伝えします。

まず、神社の鳥居の前に着きましたら、姿勢を正し、呼吸を整え一礼します。

ここからは真中を外したところを歩いて中に進みます。(何故なら真中は神様のエネルギーが通るところだからです)道の左端を歩くなら左足、右端を歩くなら右足から鳥居に入ります。


【 お清め 】
御手水舎に着きましたら、(柄杓作法は省略します)
1. 右手に柄杓を持ちお水を頂きます。
2. お水の入った柄杓を右手に、左手を流します。
3. 左手に持ち替えて、右手を流します。
4. もう一度右手に持ち替えてお水を汲み、左手をお椀の様にして受けて、そのお水で口をすすぎます。決して柄杓に直接口をつけてはいけません。
5. 最後に柄杓を両手で持ち、立てて残ったお水で柄杓の柄を流します。


【 お賽銭 】
お賽銭を遠くからポンポンと投げ入れる方を見かける事がありますが、お賽銭は賽銭箱の口からそっと入れて下さい。(理由は個人の想像力を膨らませて考えてみて下さいね)

gashou.jpg 

鐘を鳴らし、2礼2拍手して胸の前で静かに手を合わせます。

ここで誰もがお願いごとをしてしまいがちですが、今日無事にある事の感謝と誓いをして下さい。

1. 自分の氏名と住所
2. 神様への日ごろの感謝の気持ち(有難うございます)
3. ご真言を唱える。または神様の益々のご開運を祈ります
4. 誓いを立てます。
5. 手を下し、ゆっくりと一礼します

 

【 おみくじ 】
おみくじを引く時は『・・・についてメッセージを与えて下さい』という気持ちで引いてみて下さい。何かピタリとくるお言葉があるかもしれませんね。

 
【 帰り 】
帰りも行きと同じで真中は歩きません。足の踏み出し方も同じです。
そして、鳥居の外に出たら振り返り手を合わせて一礼します。 


覚えようとするとなかなか大変ですが、普段のマナーが出来ていれば大丈夫ですね。

 

 

≫投稿者: 総務

ページトップへ△
トップページへ
ブログのトップへ
最近のエントリー
≫ 【夏の風物詩・・・花火】
≫ 【五月病】
≫ 【ひな祭りの食べ物の由来】
≫ 【お茶について】
≫ 【冷え症の改善方法】
≫ 【睡眠学会に参加してきました】
≫ 【食欲の秋にこそ腹八分目?】
≫ 【今年は熱帯夜が続きますね!】
≫ 【今年もよろしくお願いします】
≫ 【もういくつ寝るとお正月~♪】
カテゴリ
≫
≫ 医師からのお便り
≫ 看護師からのお便り
≫ 検査技師からのお便り
≫ 総務からのお便り
≫ 受付からのお便り

HOME |
最新情報
▼お知らせ | スタッフ便り | 講演・イベント | 取材リスト |
グッドスリープクリニック浜松町のご案内

 |
ご予約・お問い合わせ

▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(浜松町) | English(Hamamatsucho) |
グッドスリープ・大森クリニックのご案内
▼院長あいさつ | 診療時間 | アクセスマップ | 院内のご案内 | 外来予約(大森) | English(Omori) |
睡眠障害と診断~治療のご案内
▼SASとは | OSASとは | 影響と取組の例 | 治療について | 診断~治療の流れ | 入院検査の流れ |

モバイルでもアクセス

その他
▼Q&A | 携帯サイト | 睡眠障害情報リンク | スタッフ募集 |
▼個人情報保護方針 | サイトマップ |